交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

弁護士の成功報酬

運転の危険性

交通事故の最終的な終わり方は、賠償金を決める示談です。


この示談交渉によって、賠償金が決まる訳ですがこの示談が公平なものかと言いますとそうではありません。

なぜなら示談に臨む側は、当然に損害賠償保険の専門知識を持ったもので知識の面で
太刀打ちできないのは明らかで、先方の有利に事が運ぶことが多いです。

有利になる
ですので賠償金の査定も一般よりも低い自賠責保険の基準で行いますので、賠償金も低い査定になります。

その内容に、不知ゆえに交通事故の示談を成立させることになり、たいへん損です。


こうした不公平な示談を解消するには弁護士に依頼して交渉してもらうほうがいいです。

弁護士なら、裁判事例に基づく査定についての交渉をしてくれるので、交通事故の賠償金は必ずあがります。


たしかに手数料として成功報酬は、以前査定額から増額した分の2割ぐらい必要ですが、
なにもしなかったら全く賠償金が増額しなかったことを考えれば、成功報酬を支払ってでも
増額の賠償金交渉はしてもらったほうが断然有利です。

増額の交渉