交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

弁護士相談の流れ

運転の危険性

交通事故で慰謝料請求に関して納得がいかない時には、裁判や示談交渉を行って
相手からどのくらいのお金をもらうことが出来るのかを話し合うことが出来ます。

しかし、こうした話し合いをするときには早々に決着を付けようとせずに
まず弁護士に相談をしてから交渉を始めるように心がけなくてはいけません。

 

そもそも、保険会社は交渉の際にほぼ必ずと言ってよいほど相場と考えられる金額よりも
低い金額で示談金提示してくることになります。

急がない

 

元々、交通事故の被害者というのは治療費や自動車の修理代などを加味して交渉を行いますので
早期の決着を望むあまり低い示談金で交渉を成立させてしまう傾向が強いのです。

 

保険会社もこのことを理解していますので、何も知らずに交渉に入ると相場と言いながら
低い金額を提示されますので、こうした事情は把握しておかなくてはなりません。

示談金の提示

 

どのような慰謝料の交渉であっても、被害者側が確固たる証拠を持っていれば
弁護士を通すことによって慰謝料を大きくすることが出来ますので、相談しないと損をします。