交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

弁護士特約

運転の危険性

交通事故の被害者は、被った損害分の賠償請求をすることができます。
賠償請求の内容や金額は、相手と示談交渉で決めていきます。


この示談交渉では、相手サイドからは
保険会社の担当が交渉にあたるのが一般的です。

それは、自動車保険には示談交渉代行
サービスが付いていて、加害者は
そのサービスを活用するからです。

サービスの活用

一方、自分の過失割合がなく相手に対して賠償責任も
発生していない100%被害者の立場の方は、
自分の自動車保険に付いている示談代行サービスは
使えないことになっています。

そのため自分ひとりで相手の保険会社と
交渉しなくてはなりません。

示談交渉は加害者から被害者に支払われる
賠償金の額や内容を決める話し合いですが、
交渉の相手となる保険会社は交通事故の
プロフェッショナルですし、加害者が
被害者に支払う賠償金を代わって
支払う立場です。

そのため、保険会社は賠償金を安く見積もって提示してくる
傾向がありますから要注意です。要注意

交通事故の被害者は、保険会社から提示された金額を
しっかりチェックしなくてはなりません。

しかし、交通事故の損害賠償請求を行うには高度な知識が必要です。
そのため、示談交渉で損をしないで正当な賠償金をもらうためには
弁護士のサポートが必須です。

交通事故専門の弁護士は、被害者が受け取れる賠償金の額を
最大限に引き上げるのが主な業務です。

弁護士に交渉を代行してもらうことで、最初に保険会社から
提示された賠償金の額が大幅にアップするケースも少なくありません。

弁護士への相談費用は、自動車保険の弁護士費用特約で
補てんされます。弁護士費用特約はオプションに
なっていることも多いのですが、いざという時に備えて
付加しておくと安心です。