交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

HOME

運転の危険性

最近の自動車保険のプランには、弁護士費用特約が付加されるものが多くなっています。


この特約は、交通事故で示談交渉を行う時に法律事務所に相談するための
費用を補填するのが目的です。

 

交通事故の被害者は医療費や病院への交通費、仕事ができなくなった分の所得、
精神的に受けたダメージに対する慰謝料などを加害者に請求することができますが、
個人で交渉して適正な金額を賠償請求するのは難しいものです。

精神的なダメージ


その点、法律の専門家である交通事故弁護士に相談して示談交渉をサポートしてもらえば
休業補償や慰謝料の金額も損のないように計算してもらえますから安心です。https://www.myprofessionallibrary.com/


この特約は自分にも過失があるケースでも使うことができますし、保険会社の紹介ではなく
自分で選んだ法律事務所への相談費用も補填されます。


また自動車保険の場合、交通事故を起こして保険を使うと等級の数字が大きくなって
保険料が高くなってしまう仕組みですが、弁護士費用特約については、ノーカウント事故と言って
使っても等級には影響しないという特徴があります。

保険料

弁護士費用特約付きの自動車保険の良さ

 

予期せぬことが起こる可能性に交通事故がありますが、たとえば自身には落ち度がなくて
自動車に関わる被害事故に遭ってしまった場合には、保険会社は自身の代理人として
示談交渉はできないものです。


ですから、そのような場合には自ら相手方と交渉することになります。


多くの人は、交通事故に突然巻き込まれてしまっても
相手方と上手く交渉する知識などは持ち合わせていないでしょう。
結果、弁護士の方に相談することになっていきます。


現在ではこのような事態を想定して、自動車保険に弁護士費用の
特約付き商品が登場して増えているのです。


保険金としましては、弁護士の報酬ですとか訴訟となった場合の費用であったり、
法律相談や書類の作成を依頼した費用などがあげられます。


交通事故の相手によっては、損害賠償請求に応じないケースもこれまでにありますから、
弁護士費用の特約を付けられることをおすすめしたいものです。


弁護士は法律の専門家で、交通事故を得意としている方がいらっしゃいます。
突然起こるのが交通事故ですし、自身に一切非がないような自動車事故に遭われた時の
示談交渉が必要な場合は、自身の代理として保険会社が行うことが出来ませんので
弁護士費用特約付き自動車保険がおすすめです。