交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

任意保険

交通事故に遭ってしまった際には、身体的なけがだけでなく、さまざまな被害を被ってしまうことが少なくありません。
そのため慰謝料が支払われることもありますが、その支払い基準は複数あるため、注意することが必要です。

 

基準として使われているのは自賠責基準、相手側が加入している任意保険の基準、そして弁護士基準の3つがあります。

自賠責基準がいちばん支払額が少なく、裁判基準とも呼ばれている弁護士基準は過去の判例を基にして決められており、いちばん手厚い補償となります。

 

そして任意保険の基準がその中間になります。
交通事故の慰謝料が早い段階で提示された場合には、自賠責基準や任意保険の基準が使われている場合も多く、基準が変わっただけで大幅に支払額が増える可能性があります。

交通事故の当事者になってしまった場合に、弁護士に対応を依頼すると慰謝料の基準が変わります。

そのためできるだけ早い段階のうちに、対応を依頼すると良いでしょう。