交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

裁判の手続き

交通事故の被害に遭った場合、または、交通事故を起こしてしまった場合、相手方、あるいは相手方の保険会社との交渉により、損害賠償の問題について解決することになります。


しかし、事故状況についての認識の違いや、損害の額について争いが生じ、話し合いが決裂する場合も少なくありません。

このような場合、通常は裁判によらなければ解決できません。


裁判所を利用した紛争解決には、訴訟を提起して、判決を求めるほか、裁判所の仲介のもと、当事者間での話し合いを実施する調停という手段もあります。

訴訟の場合は、自分だけで訴状や書面を作成したり、適切な証拠を収集するのは通常困難です。


また、調停を利用する場合も、あくまで話し合いの手続ですので、当事者間の主張の隔たりが大きいような場合は、話し合いが平行線をたどるのみで、スムーズな解決は考えにくいといえます。


このような場合、弁護士に依頼すると、訴訟と調停のいずれの手続を利用するのが適切かも含めて、専門家の立場から最適な弁護活動を行ってくれます。示談交渉がまとまらずに、裁判所の手続を利用する場合は、一度弁護士に相談することをお勧めします。