交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

事故への対応

ごくまれに交通事故が刑事事件になってしまうことが有ります。

例えば当て逃げ、轢き逃げなどに遭ってしまったときには、警察ではその被害を賠償してくれないので、民事訴訟を起こすなどの対策が必要になります。
その為このような被害に遭ってしまったときにはすぐに弁護士に相談することが大切です。

 

また、轢き逃げなどに遭ってしまった場合、警察に於いては被害者も警察に調書を取られてしまうことになりますが、この際にも拘束されてしまうことが有ります。

一定の捜査が進むまでは警察の側からすると被害者も重要な参考人として取り扱うためです。
その為、過剰な尋問などを受けないように弁護士に事前に相談し、警察の調査が過剰になった時などに法的に対応する体制を作っておくことも非常に重要です。

 

交通事故は通常は加害者と被害者が示談で和解し円満に解決することが理想です。

しかし実際には自分が罪に問われることを恐れて逃亡し、刑事事件に発展することが有ります。
その際に必要十分な慰謝料を請求する為には裁判で争うしかなく、その為には弁護士の力を借りることが重要なのです。