交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

当事者の責任

交通事故に遭ってしまった場合には、身体的なけがだけでなく、さまざまな被害を被ってしまいます。

まず事故の当事者同士の話し合いが行われますが、互いの主張が折り合わないことも珍しくありません。
決着が付かず、裁判に持ち込まれてしまった場合には、弁護士のサポートが必要になります。

そのため依頼費用は発生しますが、そこから派生するメリットもあります。

 

交通事故の裁判での弁護を依頼すると、慰謝料などの基準も弁護士基準が適用になります。

これは判例などの蓄積を基にしているため、自賠責基準や任意保険会社独自の基準よりも支払金額の水準が高いのが特徴です。
そのため支払われる金額の面でも、大幅なアップが見込まれるというメリットがあります。

 

交通事故の当事者同士が話し合いを行った場合に、過失割合や慰謝料の金額などがどうしても折り合わず、裁判に持ち込まれてしまう場合も少なくありません。

裁判になれば弁護士基準が適用されることになり、慰謝料なども高い基準のものが適用されるため、大きなメリットがあるといえるでしょう。