交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

依頼のタイミング

交通事故に遭ったら、なるべく早い段階で弁護士を雇うのがいいと言われています。


確かに、知識のない状態では保険会社との示談交渉で悪い条件で和解させられてしまう恐れがありますし、早く不安を拭い去るためにも専門家を味方につけておいたほうがいいでしょう。


しかし、実際には事故直後は怪我で動けないということも多いです。

専門家を選ぶときはきちんと吟味する必要があるので、怪我をした状態で焦って探すのはお勧めできません。


家族や友人に頼むという方法もありますが、その際にもきちんと信頼できる専門家を見つけてもらうようにしましょう。

交通事故に遭って弁護士に依頼するタイミングとしては、保険会社の担当者が示談交渉に現れたときが候補にあがります。


保険会社の担当者は専門的な知識と豊富な経験を持ったプロですから、生半可な知識では対抗できません。

優しい言葉をかけてくれたとしても、保険会社は加害者の味方という立場であり、支払う保険料をできるだけ低くするのが彼らの仕事です。


保険会社の担当者が出てきて、いくら言い負かされそうになっても、納得するまでは絶対に契約書にサインをしないようにしましょう。

口約束でも契約は成立してしまうので、安易な返事をしないことも大切です。


示談交渉がうまくいかないとき、遅くとも調停や裁判に突入するまでには弁護士を雇うようにしておきましょう。