交通事故に遭ったら弁護士に相談する

交通事故

HOME

最近の自動車保険のプランには、弁護士費用特約が付加されるものが多くなっています。


この特約は、交通事故で示談交渉を行う時に法律事務所に相談するための費用を補填するのが目的です。

交通事故の被害者は医療費や病院への交通費、仕事ができなくなった分の所得、精神的に受けたダメージに対する慰謝料などを加害者に請求することができますが、個人で交渉して適正な金額を賠償請求するのは難しいものです。


その点、法律の専門家である交通事故弁護士に相談して示談交渉をサポートしてもらえば休業補償や慰謝料の金額も損のないように計算してもらえますから安心です。


この特約は自分にも過失があるケースでも使うことができますし、保険会社の紹介ではなく自分で選んだ法律事務所への相談費用も補填されます。


また自動車保険の場合、交通事故を起こして保険を使うと等級の数字が大きくなって保険料が高くなってしまう仕組みですが、弁護士費用特約については、ノーカウント事故と言って使っても等級には影響しないという特徴があります。